ソリューション

エッジ録画とは

近年、監視カメラや遠隔見守ソリューションやサービスにおいて、 映像をクラウドに録画するものがあります。

従来の監視カメラソリューションでは、映像の録画は、現地(カメラ設置場所やそのケーブルの敷設できる範囲内)でビデオテープやSDカード等のメディアに録画するといった形式が主流でした。

インターネットの普及により、映像をクラウドに転送し、クラウド上に映像を蓄積する形式も有力な選択肢になりつつあります。

しかしながら、クラウド録画は導入コストは小さいものの、共同利用型を基本とするために、画質や録画期間・データの保持方法について、利用者の要望を強く反映することはできません。
また録画されたデータの管理方法については、クラウドサービス提供業者の意向にしたがったものとなります。

ライブロックテクノロジーズで推進する「エッジ録画」形式では、クラウドではなく、現地に設置する機器(エッジデバイス)に録画します。
エッジデバイスはインターネットに接続されたルーター/ゲートウェイでもあるため、録画映像やライブ映像を閲覧する場合に現地に赴く必要はありません。

インターネット回線を使った映像の伝送は、利用者による映像の閲覧時のみに限定されるため、運用コストを小さく抑えることができます。回線障害時に録画データが欠損することがないことも
クラウド録画にはない強みです。

また、エッジ録画に Coral Edge を使うことで、要件に合わせてネットワークを選択することができます。
閉域網のSIM等により、インターネットと直接接続しないネットワークで運用すれば、録画した映像の機密性を高めることも可能です。

その他、クラウド録画や、一般的なネットワークビデオレコーダーによるエッジ録画と、Coral Edgeによるエッジ録画の比較は下記の表をご覧ください。

  • クラウド録画
  • エッジ録画

比較の前提: 屋外モバイル通信での運用時

クラウド録画 一般的なエッジ録画 Coral Edgeでのエッジ録画
導入コスト 安価
安価
高価
高価
一般的なエッジ録画より構成点数が少ないため安価
一般的なエッジ録画より構成点数が少ないため安価
ランニングコスト 録画データの量に応じてモバイル通信料
録画データの量に応じてモバイル通信料、
また一般に定額のサービス利用料が継続的に発生する
録画データの閲覧量に応じてモバイル通信料が発生する
録画データの閲覧量に応じてモバイル通信料が発生する
録画データの閲覧量に応じてモバイル通信量が発生する
録画データの閲覧量に応じてモバイル通信量が発生する。
保守費用が一般的なエッジ録画より安価
通信途絶時の挙動 録画できない
録画できない
録画可能
録画可能
録画可能
録画可能
録画品質のコントロール 録画映像がインターネットを経由して伝送されるため
録画映像がインターネットを経由して伝送されるため、
高品質な映像での録画は制約事項が多い
クラウド録画と比べて伝送経路がボトルネックとならないため
クラウド録画と比べて伝送経路がボトルネックとならないため、
高品質な映像での録画が可能
クラウド録画と比べて伝送経路がボトルネックとならないため
クラウド録画と比べて伝送経路がボトルネックとならないため、
高品質な映像での録画が可能
録画データの場所 クラウド上 現地に設置したレコーダ
(NVR: ネットワークビデオレコーダ)
現地に設置したストレージ内蔵
エッジコンピュータ
録画データの廃棄 クラウド事業者任せ デバイス所有者が破棄 デバイス所有者が破棄

左右にスクロールしてご覧いただけます。

ハイセキュリティなエッジ録画

録画ソリューションのランニングコストを削減したい

エッジ(設置場所)で録画する方式のため、クラウドサービス利用費用や高価なネットワーク利用料は発生しません。
ランニングコストは、クラウド録画方式と比べて削減されます。

高画質で録画し、遠隔で視聴したい

エッジで録画する方式のため、ネットワーク帯域がボトルネックとなりません。
したがって、クラウド録画方式と比べ高画質な録画データを得ることができます。

録画データのセキュリティリスクを回避したい

エッジ録画では、遠隔地にある録画サーバにインターネット経由でアクセスしますが、
インターネットVPNとの組合せにより、第三者はカメラ映像にアクセスできません。
グローバルIPを必要とされていないため、攻撃にさらされることもありません。
また、SIMを選らばないため、お客様のニーズに合ったSIMを選ぶことができます。

ハイセキュリティエッジ録画(エッジ録画)

自律電源型の屋外監視

電源、ネットワークの敷設困難な場所を監視したい

自律電源を使うため、電源が引けない場所でも監視ができます。以下の用途に最適です。

災害監視(山、河川、海)
農地・牧場等の監視
不法投棄監視

機器トラブルによる現地への駆けつけを減らしたい

屋外設置に適した仕様となっているため、
屋外でも安定してお使いいただくことができます。

自律電源型の屋外監視

3Gマイグレーション

3G回線は 2022年から2026年にかけて各キャリアでサービスが終了となります。
弊社では、お客様の既存の業務システムの 3G から 4G への移行手段をご提案・ご提供いたします。

回線の選定制約がありません(国内4キャリア対応)

機器は単一の機器で各種キャリア・MVNO の SIM に対応しており、お客様の回線要件に追従します。

既存システムの4Gへの移行

弊社製品は 3G/4G 双方に適合する Linux ボックスであり、お客様のソフトウェア資産を移行・統合することが可能です。
その柔軟性から、お客様の業務移行のリスクを最小に抑える計画を可能にできると考えています。

お客様の要件に合わせたセキュアな通信手段を提供可能です

機器は要件に応じてセキュアなIPネットワークを敷設することができます。
remote.it を利用すると利便性を損なうことなくセキュリティを向上できます。

※各キャリアの3Gサービス終了時期
KDDI:2022年3月/Softbank:2024年1月/Docomo:2026年3月

3Gマイグレーション

鉄道カメラ(ODM/OEM)

屋外遠隔監視を、気軽に始めてみたい

必要な機器とSIMが一体で提供されるためキッティング不要、また設置も簡単です。
レンタルモデルのため、設置・撤去工事費用以外の費用は月々定額となっています。

多拠点にわたる多数のカメラを扱う場合でも、わずらわしさなく監視業務をおこないたい

クラウドにより、カメラ一括管理・映像閲覧するため、
多拠点にわたり多数設置する場合でも遠隔監視業務が煩雑になりません。

動画と静止画を扱いたい

ライブ映像の再生・過去映像の再生・定時画像の収集に対応しているため、
踏切など普段人気のない施設や場所で発生する異常事態の監視・状況確認に最適です。

鉄道固有の機器やセンサーと連動した監視システムを構築したい

障害物検知装置や非常ボタンと連動できるため、異常発生時に即座に映像を確認したり、
事後に時間範囲を指定して映像を確認できます。

鉄道カメラ(ODM/OEM)

TOP

お問い合わせ

製品についてのご質問等、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム