ゲートウェイソリューションの概要

Coral Edgeは、過酷な環境でも安定稼働します。

Coral Edgeは、環境に強いLTE対応インテリジェントゲートウェイです。 動作温度範囲は、-30℃~+70℃(※1)。厳しい外部温度の環境下でも、安定して稼働します。動作電源範囲もDC5V~32V(※1)と広く、電圧変動、ノイズ、瞬停への対応も強化されているため、電源環境の悪い現場や車載時でも安定した動作を実現します。

※1 詳細は「 ラインナップCoral Edgeのハードウェア仕様」を参照してください。

Coral Edgeは、過酷な環境でも安定稼働します。
Coral Edgeの仕様 カスタマイズモデル 特許機能「IPカメラ自動復帰」の概要と適用事例 TOP

Coral Edgeは、障害時に自律回復するSSR機能を搭載しています。

Coral Edgeは、障害時に自律回復するSSR機能を搭載しています。

LTE対応インテリジェントゲートウェイ Coral Edgeは、SSR(Self Sustaining Recovery)機能を搭載。温度変化や入力電圧変動、モバイル電波環境の変化など、さまざまな要因で発生する障害に対し、自力で再起動や再接続を行います。SSR機能は、SDカードや通信モジュール、各インターフェースに接続された機器にも適用され、障害発生時に現場に駆けつける負担を大幅に軽減します。

Coral Edgeの仕様 カスタマイズモデル 特許機能「IPカメラ自動復帰」の概要と適用事例 TOP

業界初のPoE給電機能を搭載。IPカメラへの給電と電源再起動を可能にします。

Coral Edgeは、各種センサーを直接接続できる豊富なインターフェイスを装備したLTE対応インテリジェントゲートウェイ です。Coral EdgeのV7000は、PoE(Power over Ethernet: IEEE802.3af)対応のLANポートも二口搭載。PoEハブを使わずに、IPカメラに直接電源供給できます。また、SSR機能で常時死活を監視することで、ハングアップした場合でも供給電源をOFF・ONしてIPカメラを再起動させることが可能(※2)。屋外設置時でも安定した運用ができます。

※2 特許第6002959号(国際出願 PTC/JP2015/055767)

業界初のPoE給電機能を搭載。IPカメラへの給電と電源再起動を可能にします。
Coral Edgeの仕様 カスタマイズモデル 特許機能「IPカメラ自動復帰」の概要と適用事例 TOP

Coral Edgeは、リッチなハードウェア環境を提供します。

LTE対応インテリジェントゲートウェイ Coral Edgeは、OSにLinux 3.14を採用。エッジアプリケーションの動作に必要なハードウェアリソースを豊富に提供し、IoTのエッジコンピューティングを強力にサポートします。さらに、基板仕様をカスタマイズすることも可能です。

Coral Edgeは、リッチなハードウェア環境を提供します。
CoralEdge